内視鏡洗浄器 ESPAL-b - エスパル -

ESPAL

消化器内視鏡洗浄器の構造を
そのまま耳鼻咽喉科用として小型にしました。

耳鼻咽喉科用内視鏡も消化器用と同様に丁寧な洗浄消毒を毎回行う必要があります。ESPAL-bは検査間の短い時間で洗浄消毒ができるのが特徴です。

ESPAL-bの目指す性能

  1. 人手を要せず常に同じ結果が得られる
  2. 短時間な検査間に対応
  3. 血液を完全除去する洗浄効果
  4. チャンネル内も同時洗浄可能
  5. 滅菌レベルの消毒効果
  6. 薬液の付着残留がない
1. 人手を要せず常に同じ結果が得られる
使用後のスコープを流しで手洗いすることなく洗浄槽に挿入すれば、気泡を混入して乱流を発生させた洗浄液により効率よく自動洗浄消毒されます。
2. 短時間な検査間に対応
効率の良い洗浄と強力な殺菌力で、約5分という短時間に完了します。
3. 血液を完全除去する洗浄効果
セクリン(二酸化塩素)は、強力な血液分解能力があります、殺菌と同時に付着血液を完全除去します。
4. チャンネル内も同時洗浄可能
消化器内視鏡洗浄器と同じようにチャンネル内も同時洗浄消毒されます。
5. 滅菌レベルの消毒効果
使用する薬液セクリンは二酸化塩素ガスの水溶液です、二酸化塩素ガスは日本薬局方および改正薬事法において滅菌剤としての使用が認められており、消化器内視鏡技師会においても高水準消毒剤と同様に認識されております。
6. 薬液の付着残留がない
高水準消毒剤(ディスオーパ)が付着残留して人体に障害を与えることがあると指摘されております、二酸化塩素ガスは全く残留せず、安全性が高く、毒性のある塩素ガスを発生することもありません。